Top / 当社の強み / 大手と同じネットワークシステム

大規模サイトと同じ技術・同じ信頼性

当社は、大手 ECサイトやプロバイダ等が導入している二つの技術 ― ロードバランスとクラスタリング ― を用いて、障害に強く信頼性の高い Webサービスを提供しています。

大手と同じシステムを導入できる秘密とは?

一般的にロードバランスは専用の機器(ロードバランサ)を用いて行いますが、有名ベンダのロードバランサは一番安いものでも 1台 250万円します。しかも、クラスタリングのためにロードバランサは最低2台用意する必要があるため、それだけで5百万円、Webサーバも含めたら一体…という投資をするのが常でした。これでは大手企業しか導入できないのは当然です。

しかし、なぜそれほど高いのでしょう? ロードバランサが高価な理由を考えてみました。

  • 専用のハードウェアが高い
  • プログラムのライセンス料が高い
  • 高くても買うお客様がいるから

冗談だと思いますか? いえ、そんなことはありません。当社のロードバランサは

  • あなたが使っている PCと基本構造が同じサーバで
  • ライセンスフリー(オープンソース)のプログラムを用いて
  • 社員自ら構築している

このため、これまでの常識はなんだったの?と思うくらい安価です。

本邦初、構築費用の原価公開!

どのくらい安価かと言うと、構築にかかった費用は約20万円、Webサーバ込みでも約40万円なのです。

ロードバランサ用サーバ(主系)98,000円
ロードバランサ用サーバ(バックアップ)98,000円
Webサーバ 198,000円
Webサーバ 298,000円
合計398,000円

(社内構築なので人件費は含まれていません)

あなたはこの事実をどう思いますか?

「どうせ低スペックのサーバなんだろ」

大抵の方はそう思うことでしょう。通常、サーバのスペックは公開しないものですが、それではアンフェアですので以下にスペックを挙げます。

もちろん最新・最高のものではありませんが、大手プロバイダでも Pentium 4へは徐々に移行している段階です。

サーバの種類機種CPUメモリHDD
ロードバランサ用eServer x305(IBM社製)Pentium 4/2.4GHz384MB40GB
Web用Proliant DL320 G2(HP社製)Pentium 4/2.2GHz1GB80GB×2

フリーソフトは信用できない

NTTコムウェア様のページをご覧ください。使っているプログラム(Ultra Monkey)もやっていることも当社と同じです。

NTTコムウェア様はUltra Monkeyへの技術支援も行っており、オープンソース(フリーソフト)は信用できない、という考えはそろそろ迷信であると言ってもいいでしょう。

また、国内最大のオープンソース・ソフトウェアの開発支援サイトであるSourceForge.jpでも実際に利用されています。

導入・運用は簡単か?

残念ながら、その点は 250万円のロードバランサに大きく劣ります。Linuxやネットワークについての専門的な知識がないと導入することは難しいです。運用は、通常のサーバのものと大きく変わることはありません。

また、当社では導入に挑戦してみようという方のために、技術情報を公開しています。いくらかでもお役に立てれば幸いです。


リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-08-23 (火) 21:16:07